自作の棚を一部カットして再設置したい。【DIYサポート】

2020年3月19日

「DIYで自作した棚と支柱(ラブリコ付き)を一部カットして、再設置したい。」

杉並区にお住まいのYさんから、LINEのチャットでご連絡をいただきました。

お住まいを転居するにあたり、DIYで自作した棚と支柱(ラブリコ付き)をこれまで設置していたお部屋とは天井の高さと横幅が違うため、新しい部屋に合わせてサイズ変更をして、再度設置したいとのご希望です。

現在の状況を確認すると、白の木材(2×4)に白のラブリコとダボレールを設置して、白く塗装した棚板を配置し、とても綺麗に作られています。

サイズもお部屋にピッタリです。

ネットで各商材を購入して、Yさんご自身でビス止めと取付をされたそうです。

ラブリコでDIYした棚-ivyCraft-
ラブリコを使ってDIYした棚 -ivyCraft-

支柱(ラブリコ付き)と棚をサイズ調整。

再設置を予定している新しいお部屋は、設置する壁面の天井に一部下がりがあり、支柱(2×4材)の高さを短くする必要があります。

また、横幅についてもクローゼットの扉を開けたときに扉と棚が当たるため、棚の長さ(横幅)も短くしなければいけません。

ラブリコと棚を再設置する壁面-ivyCraft-
ラブリコと棚を再設置する壁面 -ivyCraft-

アイビークラフトの活用方法。

アイビークラフトの活用方法は様々です。

1.材料等をすべて自分で用意し、施工方法を教えてもらう、手伝ってもらう。
2.材料等をすべて自分で用意し、施工の部分をクラフトマンにお願いする。
3.材料の手配も含めて、すべてお願いする。

依頼に対して支払う報酬は、クラフトマンの拘束時間や手間が少ない「1」が一番少なく、「2」、「3」と順に多くなっていきます。

「自分がどこまで手間暇をかけて関わるか?」
「自分がどこまでであればできるのか?」
「予算をいくらにするか?」

アイビークラフトは、それぞれの依頼者の方のご意向やご事情に応じて、上手に使い分けて活用することができます。

今回のご相談では、材料は今使っているものをサイズ調整して再利用できるため、新たに材料を用意する必要はありません。

Yさんはご自身で今のお部屋の棚を分解し、新しい部屋にすべての材料を運んでくれていました。

また、必要に応じて、設置のお手伝いもしてくださるということでした。

プロであれば1~2時間の作業。

このような作業は自分でやるとなると丸1日かかる大仕事です。しかも、足りない工具を購入しなければならなかったり、やり始めて想定していなかったことや間違いに気づき、その時には手遅れだったりするものです。

しかし、プロの職人の手にかかると、部材をカットするにしても、専用の工具であっという間に、しかも綺麗に切れます。

やはり、寸法の取り方や設置の方向、水平かどうかの確認など、知識と経験と道具が違います。

プロであれば1~2時間でできるため、調布の内装職人のkoboriさんに相談したところ、事前の現地調査は実施せず、平日の仕事が終わった後の夕方に来ていただき、作業をしてくれることになりました。

何でもkobori-ivyCraft-
koboriさん -ivyCraft-

掃除機付き丸ノコ。

木曜日の午後6時。

現地で待ち合わせをしてYさん宅に訪問。エレベーターがない5階の部屋。エレベーターなしの6階建ての建物ははじめてでした。

この5階まである階段を、棚や支柱などの大きな材料を運ぶのは、Yさんも大変だったと思います。

koboriさんも、ご自身の工具を運ぶのに、何度か往復されていましたが、さすがに息が上がっていました。

写真は掃除機付きの丸ノコです。

木材を切ったときに出る木くずを、切りながら吸い取ってくれるという便利な工具です。

棚と支柱のカット。

道具を運び終わったところで、早速作業に入ります。

設置する壁面を採寸し、棚と支柱の長さを慎重に計算。そして棚板とラブリコを取り外した支柱材をカットします。

カットした支柱の長さが短いため、ラブリコを取り付けるとダボレールに干渉してしまいます。

そこで、一旦ダボレールの一部ビスを外し、ラブリコをダボレールと支柱の間に挟むように納めました。

支柱の設置。

支柱のカットを終えると、ラブリコを取り付けて、支柱を壁面にセットします。

棚板の長さは長い棚板と短い棚板の2種類あるため、短い棚板に合わせて真ん中の支柱の位置を決めてセットします。

水平測定器でダボレールの穴の位置の水平レベルも確認します。

棚板の設置。

支柱のセットが完了すると、棚を設置します。

Yさんと設置する高さと位置を確認しながら、一緒に棚を設置します。

棚板下のハンガーフックの位置についても、棚板をカットしたため、そのままだとハンガーを吊ったときに横に飛び出してしまいます。

フックを一度取り外し、採寸して再設置。ビス穴の跡はコークボンドで補修してくれました。

まだたっぷり残っているそのコークボンドは、大きなチューブごとYさんにプレゼントされてました。(本当は、私も欲しかった。けど「欲しい」とは言えませんでした。)

完成。そしてお花のプレゼント。

綺麗に完成しました。

壁面のスペースにもぴったりです。

Yさんからも「理想通りになりました!」とのコメントをいただきました。

koboriさんが、「コロナの影響で学校の卒業式がなくなり、お花屋さんが大変らしいんです。」ということで、工具を取りに行く途中にあったお花屋さんでプリムラを買ってきて、Yさんにプレゼントされていました。

koboriさんは、職人さんらしい、とても人間味がある方でした。

ご依頼はこちら。

koboriさんへのご依頼はこちらからどうぞ。

【何でもkobori】通販等で購入のキャビネット・組立家具の設置コース

https://ivycraft.jp/construction/category50/kazuyuki-ja/

 

kobori -ivyCraft-
kobori -ivyCraft-

https://ivycraft.jp/index.php?dispatch=sellers.view&user_id=165